車両管理システム

車両管理システムとは?

車両管理システムとは、リース車両や社用車の車両情報、利用者の情報を一元管理する事の出来るシステムです。
車両情報では、配備期間、リース費用その他の経費、稼働状況、事故履歴を車両ごとに管理し車両管理台帳を作成したり
利用者情報では、これまでにいつ、誰が、どの車を利用したかなどの詳細な情報を履歴として管理し、必要の際は閲覧・帳票の出力をさせます。
車両情報、利用者履歴を1つのシステムで一括管理する事が出来るので、業務の簡略化やコスト削減が期待できます。

車両管理システムでできること

車両管理システム概要

導入するメリット

現場担当者の業務時間の短縮

現場担当者の業務時間の短縮

課題

複数の媒体で管理しているので、必要な情報を調べるのに時間がかかる

車両管理台帳や、売上台帳、請求書などそれぞれを別々で管理している場合、どの車両がどれだけ売り上げたのか?今月のコストは?請求額は?など確認しなければならない帳票類が複数ある場合、担当者はそれらを確認するだけで多くの時間と労力を費やしてしまいます。
しかし、車両管理システムで各情報を一元管理するとスムーズに情報の確認をすることが可能となり、業務時間の軽減・短縮に繋がります。

車両管理台帳が簡単に管理できる!

車両管理台帳が簡単に管理できる!

課題
  • 車両管理台帳の作成、確認に時間をかけている
  • 複数の媒体で管理をしていてリアルタイムな情報が把握しきれていない

車検、点検の更新日や保険の加入情報、事故履歴などをシステムに登録することで、管理が煩雑になりがちな車両管理台帳の精度も向上。
各現場担当者がシステムにログインし、登録した情報はリアルタイムに反映されるので、全部署・社員で現在の正しい情報を把握する事が容易となります。

売上、コストの見える化!

売上、コストの見える化!

課題
  • 全体のコストや売上、粗利が見えない
  • コスト削減をしたいがどうしていいか分からない

調達した車両がこれまでいくらの経費がかかり、いくら売上たのか、各車両の稼働状況も管理画面上で瞬時に把握することができるようになるので、コストのかかっている車両、稼働の高い車両を精査する事でコスト削減が見込めます。
また、これまでの実績売上、これからの未来の売上予想額、統計情報なども画面を見るだけで分かるので様々な予測を立てより売上向上へつなげることが可能となります。

クラウドにも対応

クラウドの利点は、どこにいても、どの端末でもシステムへログインし利用する事が最大の利点と言えます。
場所を問わず、これまでの業務が行え、情報共有も可能となるので業務の効率化にもつながります。
初期導入費用もオンプレミスと比較すると安く、拡張性の高さもメリットとして挙げられます。
車両管理システムもクラウド化することにより、円滑な業務を行えるようになります。

クラウドにも対応

導入事例

ジャイアントレンタサイクル
株式会社ジャイアント 様
ジャイアントレンタサイクル用に一部をカスタマイズ。乗捨て機能などを追加し、どこの店舗にどの車両があるのかを把握。予約ページからもお客様がレンタサイクルの予約を入れられるようにしました。
橋本商会
橋本商会 様
法人向けリース車両の管理。全国複数拠点にある数百台のトラック・商用車両、運転者情報をシステムで一元管理出来るようにいたしました。
阪神サンヨーホールディングス
阪神サンヨーホールディングス 様
各店舗のレンタカー予約管理、損保代車の予約管理、会員管理、スタッフ管理など様々な管理を一元管理しご利用いただいております。
お気軽にお問い合わせください。
[ 東京オフィス ]

03-6435-8035

9:00~18:00 土日祝祭日休

アクセスマップはこちら

[ 沖縄オフィス ]

098-882-0717

9:30~18:30 土日祝祭日休

アクセスマップはこちら

[ メールでのお問い合わせ ]

お問い合わせフォーム

お問合せはこちら

お問合せは
こちら